特別セミナー

近日セミナー申込受付開始!

5月25日(火)

11:00~11:45

サクラアワード受賞ワインの販売戦略とは?

世界でも珍しい女性ソムリエによるワイン審査会サクラアワードはコロナ禍の中においても過去最多のエントリー数となりました。ワインの売れ行きが好調な量販店、コンビニ、WEBサイトで、「受賞ワイン」を活用し、拡売につなげる具体的な事例を共に学びましょう。

田辺 由美 サクラアワード 主宰/審査責任者

北海道池田町出身。「十勝ワインの生みの親」丸谷金保を父に持つ。主宰する「田辺由美のWINE SCHOOL」は今年27周年を迎えた。2011年、一社ワインアンドスピリッツ文化協会を設立し、2014年から女性によるワイン審査会“SAKURA” Japan Women's Wine Awards(通称:サクラアワード)を主宰する。2015年北海道道庁主催「北海道ワインアカデミー」名誉校長、2018年十勝総合振興局「ワインアカデミー十勝」名誉校長を拝命。 亡き父親の意思を継ぎワイン造りにチャレンジした体験を綴った「~十勝の宝石~ 由美ちゃんワイン造るの?」(飛鳥出版) を2016年6月上梓。 その他著書に「田辺由美のワインブック」「田辺由美のワインノート」(共に飛鳥出版)「南アフリカワインのすべて」(ワイン王国)他多数。

12:30~13:15

Olive+Wellnessの新たな可能性

新型コロナによる生活様式が大きく変化する中、世界のオリーブ業界で「Olive+Wellness」という考えに注目が集まっています。オリーブの新たな価値創出のヒントをご紹介します。

松村 成師 Olive Wellness(株) 代表取締役

イタリア料理留学中に出会った本場のオリーブオイルの美味しさに感動し、帰国後は、オリーブオイルを軸にしたイタリアンレストランを開店。その後、オリーブオイルの素晴らしさをもっと多くの方に知っていただくため、オリーブオイル専門の輸入販売会社(株)プリモオーリオジャパンを設立。現在、パートナーの金丸洋一氏と共に、Wellnessを中心とした新たなオリーブの価値提案を行うOlive Wellness(株)も設立し、2社の代表取締役を務める。

14:00~14:45

「ワインの最旬トレンドをマークせよ」(主催:ワイン王国)

食やライフスタイルの変化とともに、変わっていくワインのトレンド。「これから、どんなワインを扱ったらよいのか?」という問題解決の糸口となるセミナーです。国内でも急速に広まっている「エシカル消費」とは?
 健康、安全志向が高まるなか、需要が伸び続ける「オーガニックワインの注目産地」。そして、若い世代を中心に世界的にニーズが高まっている「ノンアルコール、低アルコール」など、押さえておきたいワインのトレンドについて話します。

森上 久生 ソムリエ

ペアリングマイスター®として日々ワインと料理を探求。国際ソムリエ協会認定インターナショナル・ソムリエ。第3回・第6回「キュヴェ・ルイーズ・ポメリー ソムリエコンテスト」準優勝、第2回「JSAブラインドテイスティングコンテスト」ファイナリスト、そのほか入賞多数。現在は、大手酒類商社のアドバイジングや国内外のワインツアーのオーガナイズ、テレビドラマのレストランシーンの出演者者所作指導としても活躍。著者に『ワインと料理 ペアリングの楽しみ方』(旭屋出版)

15:30~16:15

欧州産オリーブオイルと日本食材のパーフェクト・マッチ!セミナー

日本とEU間の経済連携協定(EPA)によって、さらに身近になった欧州産食材。欧州産オリーブオイルの魅力と、日本食材とパーフェクト・マッチなオリーブオイルを使用したレシピを本セミナーでご紹介いたします。

欧州連合

荻堂 紀里

イタリア料理研究家、JSA認定ソムリエ、イタリア政府公認オリーブオイル鑑定士。
1998年イタリア料理留学・リストランテにて修行後、イタリア郷土料理、食材、オリーブオイルについて研究。世界オリーブオイルコンクールの審査員も務め、日・伊の国立大学や政府機関、オリーブ生産者やシェフ達と共に、オリーブオイルと食材、料理を両国に広めるセミナー活動を行う。

荻堂 桂輔

大阪生まれ。京都の専門学校を卒業後、京都の老舗リストランテ「DIVO-DIVA」に入社。1998年、2003年に渡伊した後、夙川にて「Ristorante ARTE SIMPOSIO」をオープン。遊び心を活かしアートを感じさせる逸品を生み出し続ける背景には、伊20州の郷土料理や古典から広く深く学んだ経験が息づく。

5月26日(水)

11:00~11:45

⼤阪の魅⼒再発⾒! ローカルからグローバルを⽬指す大阪ワインの挑戦

2019年のG20大阪の晩餐会で振る舞われ、世界の賓客から高い評価を受けた大阪ワイン。
そこに至る歴史、生産者の思いを紹介するとともに、地域活性化へのヒントについて楽しく語るトークセッションです。

髙井 利洋 カタシモワインフード(株) 代表取締役

1976年4月
カタシモワインフード株式会社 入社
1996年4月26日
代表取締役就任
2012年10月11日
大阪ワイナリー協会会長に就任
2016年6月25日
関西ワイナリー協会会長に就任
2019年12月19日
西日本ワイナリー協会会長に就任

大阪で初めてワイン用ぶどうで大阪府エコ農産物栽培ほ場の認定をいただき、日本で始めてグラッパを製造するなど、革新的な事業に積極的に取り組んで参りました。ワインの品質向上のため、モンドセレクションやジャパンワインチャレンジ、チャイナワインスピリッツアワード、ふるさと食品中央コンクール等にも積極的に挑戦し、農林水産大臣賞3回をはじめ多数の海外のアワードを受賞しております。地域と共に歩むワイナリーを目指して活動し、中小企業革新支援法、地域資源活用事業計画、総合化事業計画、がんばる中小企業300社に選出。130年続くぶどう畑を次の100年に繋げる為、積極的に活動しています。

溝畑 宏 (公財)大阪観光局 理事長

1960年京都府生。1985年東京大学法学部卒業、自治省入省。2002年大分県企画文化部長。2004年(株)大分フットボールクラブ代表取締役。2008年Jリーグナビスコ杯優勝。2010年国土交通省観光庁長官。2012年内閣官房参与、大阪府特別顧問、京都府参与。2015年大阪観光局理事長(大阪観光局長)。大阪府市都市魅力戦略推進会議 委員。2017年大阪府・大阪市IR推進会議 座長。大阪・関西スポーツツーリズム&MICE推進協議会 会長。

12:30~13:15

世界最高のエキストラバージンオリーブオイルのご紹介

エクストラバージンオリーブオイルの「プレミアム」品質を認識し、品質を知るためのヒント。 EVO IOOCイタリアの受賞結果による、生産者と世界で最高のエクストラバージンオリーブオイルのプレゼンテーション

Antonio G. Lauro EVO IOOC イタリア 会長

農学者として卒業し、国際的なオリーブオイルのコンサルタント、教育者、ジャーナリスト、パネルリーダーです。 1995年からエクストラバージンオリーブオイル(EVOO)の査定者、2003年からIOC規則に準拠した国際パネルリーダー。

14:00~14:45

(スペイン) モンテス・デ・トレド ユニークな品種 ”コルニカブラ” の魅力

Montes de Toledo (モンテス・デ・トレド)はイベリア半島のほぼ中央になだらかに広がる山脈です。この地で生産されるオリーブオイルは、古くから専門家の高い評価を受けてきました。その品質の高さは、オリーブの生育に適したこの地域の気候と土壌にがもたらすもので、特に”コルニカブラ種”は、この地域独特の品種として有名です。この品種は力強く感じるフルーティさとバランスの良い味わいが特徴。豊かなアロマはグリーングラスやアーモンド、りんご、トマトなどを感じさせます。
この機会に是非、その素晴らしさをお試しください。

エンリケ ガルシア テノリオ モンテス・デ・トレド 保護原産地呼称 ディレクター

農学博士、オリーブオイルテイスター。オリーブジャパン、Iberoleum, Evooleum、オーストラリア国際オリーブ賞など、国内外のオリーブオイルコンテストにて審査員を務める。"Montea de Toledo Olive Oil 財団” のCEOとして、この原産地保護地区における経営やプロモーション、製品認証やテイスティングパネルの管理に携わり、これらの活動はIOOC(国際オリーブオイル協会)より認定されている。

15:30~16:15

EU公認農業剪定士に学ぶ「ヴィンチの丘でオリーブ剪定」

健康的なオリーブを栽培するのに欠かせない「剪定」について、日本人EU認定農業剪定士から基本的な考え方から実践的な剪定方法をイタリアより生中継で解説します。またオリーブと暮らすヴィンチ村での様子もお伝えします。

小幡 真紀 Olive Wellness Ltd. アソシエイツ EU公認農業剪定士

イタリア、トスカーナ州ヴィンチ村在住、EU公認農業剪定士。1995年インテリアデザイナーとしてキャリアアップのために渡伊フィレンツェを拠点に活動。その後、レオナルド・ダ・ビンチの生地であるヴィンチの丘に移り住む。2014年EU公認農業剪定士試験に合格。現在、バイオダイナミック農法のブドウ農園でアシストをしながら、自然循環型栽培でオリーブ畑を維持管理している唯一日本人女性農業剪定士。

15:30~16:15

2025年大阪・関西万博がめざすもの

3展合同セミナー

本講演では、大阪・関西万博のテーマやコンセプトの他、当協会が発表した大阪・関西万博の基本計画や最新の準備・取組状況、企業の皆様による万博への参画方法等について、わかりやすくご紹介します。

高見 明伸 (公社)2025年日本国際博覧会協会 企画局企画部審議役

平成3年関西電力株式会社入社。営業、企画、地域対応、財界スタッフ等の業務を経験。平成21年から23年には大阪府商工労働部で勤務。至近2年間は、一般財団法人電源地域振興センターにて勤務。令和元年7月より、公益財団法人2025年日本国際博覧会協会企画局にて企画関係業務に従事。比較文明学会、起業家研究フォーラムに所属。中小企業診断士(有資格)。

5月27日(木)

11:00~11:45

30分でわかるオーガニックワイン プチセミナー

オーガニックワインについて30分で理解できるようわかりやすく簡潔に説明する。

堀井 俊之 日本オーガニックワイン協会 会長

オーガニックワインを日本中に広めるべく日本オーガニックワイン協会を2019年に設立。オーガニックワインの正しい知識を学んでいただく機関として、オーガニックワインソムリエの認定講座を定期的に開催している。全国から受講できるようZOOMでの講座も隔月で開催している。

12:30~13:15

高品質な香川県産オリーブオイルをご紹介します!

明治41年に日本で最初にオリーブの試験栽培を開始した香川県小豆島。栽培は県内全域に広がり、その優れた品質は日本のオリーブオイル産地のトップランナーとして国内外から高く評価されています。
歴史とともに培われた生産者の技術とこだわりが詰まった、最高級の香川県産オリーブオイルをご紹介します。

梶野 陽子 香川県 農政水産部 農業生産流通課 副主幹

香川県 農政水産部 農業生産流通課 果樹・オリーブグループで、「かがわオリーブオイル品質表示制度」の普及を担当している。

14:00~14:45

世界中のオリーブオイルからエキストラバージン・オリーブオイルを嗅ぎ分ける

世界中にオリーブの品種は1650種以上あると言われています。
オリーブオイルの種類も多種多様ですが、エキストラバージン・オリーブオイルだけが不飽和脂肪酸であるオレイン酸やポリフェノール、トコフェロールを豊富に含んでいます。ではどうやってエキストラバージン・オリーブオイルを選べば良いのでしょう。
各国には日々のテイスティングや生産指導、コンペティション審査、そして偽装を摘発する政府公認の鑑定士が存在します。イタリアにおける鑑定士としての活動内容やコンペティション審査を通じて、真のエキストラバージン・オリーブオイルをご紹介します。

山田 美知世

イタリア在住歴40年。月刊女性誌「armarena」元編集長。イタリアのファッション、インテリア、食文化に関する執筆活動を行う。
オリーブオイルに関する執筆:料理王国、料理通信、Elle Gourmet, Cucina Italia
2013年イタリアの国家試験オリーブオイル鑑定士に日本人として初めて合格し、公式鑑定士の資格を取得。
(イタリア共和国農林食料政策省オリーブオイル鑑定士登録番号 MI.0023278)
2013年よりJOOP審査員 2021年パネルリーダーを務める。
2014年よりNew York Olive Oil Competition, AIPO d’Argento (Verona), Copenhagen Olive Oil Competition, DOMINA (Palermo) 現在はカラブリアで開催されるEVOOICの審査員、ニューヨーク・オリーブオイル・コンペティションでもパネルリーダーを務める。
イタリア国内、日本、ニューヨークにてオリーブオイルのセミナーを行う。

同時開催展